読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボチボチ・blog

気ままに 気まぐれに ボチボチ・・・

続・刻んだキャベツ vs ちぎったキャベツ

さて、昨日の続きです (o^ω^o)

シンプルなキャベツのスープとは。。。

 

なんてコトはない。

厚手のお鍋に、好きなサイズにカットしたキャベツを

ぎっしり詰め込んで、軽くオリーブオイルをかけて

 

 

お好みの量のスライスしたニンニクを入れ

(↑抜け落ちていた箇所を補充しました <(_ _)>)

 

蓋をしたら弱火でじっくり。

キャベツがクッタリするまで蒸し煮にする。

 

野菜から旨味たっぷりの水分が出るので

野菜を楽しみたい時は塩こしょうで味付けして終了。

スープを多めに楽しみたい時には

少しだけお水(お湯)を足す。

出汁とかコンソメでもいいけど

キャベツの美味しさそのままを楽しむなら

お水がよい。

 

ここまでシンプルだと、キャベツの鮮度

味が大切なのは言うまでもないのですが

軽くかけるオリーブオイルとか

塩、コショウの種類、量によっても

仕上がりの味がゼンゼン違う。

 

天才的に美味し〜ぃ時、フツーの時、たまに

今一つ残念でした、の時もアリ(笑)

 

そして、

極めつけはキャベツのカット方法。

包丁で切ると「包丁で切りました」っていう味がする。

(そんな気がする 笑)

個人的には手でちぎった方が、

甘みがでて味がやさしく美味しい気がする。

食感もばらつきがあって楽しいし。

 

旬のシーズンに突入した春キャベツなんて

甘さがあって元気がでそうな味がするし(気がする)

パリパリしてちぎりがいアリだし最適 (o^ω^o)

 

ホ〜ン〜ト〜?

なんて声が聞こえそうな気がしないでもないけど、

包丁、まな板を横目に

原始的に葉っぱをちぎる行為も楽しかったりするので

キャベツに関しては、結構このやり方が気に入っている。

包丁でザクザク一気に切るより

少しだけ時間かかるけどぉー(・ε・)

 

土曜日の朝から

キャベツがあーだこーだ言ってるのも

どうかと思いますが興味をそそられた方は

一度お試し下さい(笑)

  それでは皆様よい週末を〜+:。ヾ(o・ω・)ノ゜.+