読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボチボチ・blog

気ままに 気まぐれに ボチボチ・・・

最近読んだホン。

 

数年前だったかな?人に誘われて

『よみがえりのレシピ』という映画を観ました。

 

アルケッチャーノ

というイタリアンのお店のシェフも登場します。

秋田県?あれ?山形県かな。

ちょっとした有名店だという事は確実です(笑)

ちなみに私は東京駅のお店しか

行った事がありません。

 

最近では家で食べるご飯が一番☆

と思うようになってしまいまして

基本的に外食はあまりしなくなってます。

が、ココでは美味しく頂きました(o^ω^o)

 

家ごはん。。。

 

時間を気にする事ないし

予約なんていらないし

食べたい物を食べたいタイミングで

食べたいように調理して

絶妙のタイミングで食べられて・・・

 自由気ままがこんなに好きだった事に

改めて気が付きました(笑)

 

だから、材料は少し気になります。

といっても

特別な高級品とか、希少価値のあるもの

なんていう事ではなく

安心して美味しく頂ける旬の物

体が元気になりヨロコブ物、

という意味でのこだわりです。

 

“美味しい”は味覚で感じるけど

本当に“美味しかった”と思えるのは

食べた次の日以降に、なんとなく体調が良い

スッキリ空腹感がある、感覚が冴えている、

なんて感じがあって、初めて

あ、アレ美味しかったかも〜

って感じです☆

 

・・・で、

映画の話に戻りますが

その土地で昔から栽培されている野菜、

“在来品種”なる存在は、この映画で知りました。

 

沢山の人たちが気が付いていないうちに

知らない所で“種”事情に色々何かが起こりつつある

という事はうっすら知っていましたが

どーする事もできないしー、なんて

あまり気にしていませんでした。

 

でも、これを観て以来

食べ物には興味を持つようにしてます。

ホントは知らない方が楽なんだけどな・・・

 

なんて思いもありつつ、

不自然ではない自然の食べ物が、

どれだけ貴重かと知ってしまった今では、

買い物の優先順位も変わりました。

 商品の裏側も結構みちゃいます(笑)

 

自分の健康は自分で責任を取るしかありません。

おかしな事になって後で後悔するのはイヤなので

ちょっと頑張って、今何かできる事があるなら

やっておこうかな、なんて思ってます。

できるだけ真実を知っておきたいかな、と。

 

組み替えの食品とかは

できるだけ体内に取り込みたくないです(´・ω・`)

だいぶ前になりますが、この本を読んでから

更にそう思うようになりました。

 

『世界はわけてもわからない』

 福岡伸一講談社現代新書 2009/7)

 

 

実際に自分で野菜を育てた事はありません。

何が正しいとかそうでないとか

ゼンゼン分かりません。なので

色々な角度からみた情報を、

バランスよく知っておきたいな、って事で

気になる本は出来るだけ読む事にしています。

 

色々思いつくままに書きすぎて

何が言いたいのか分からなくなってます(´・ω・`)

ココでやっとタイトルにもある

最近読んだ一冊です(笑)

 

『ほんとうにおいしいものはお店で買えない』

 手島奈緒 (雷鳥社 2014/7/31)

 

 これは絶対ダメ、とか

あれは間違っている、とか極端な意見でなく、

生産者と消費者の両者の立場から向き合って

バランスを取ろうとしている考え方、意見が

新鮮で好感もてました。

 

体質や体力、置かれている状況、

今までの経験、周囲の人間関係・・・

 

みんな違う状況、環境にいるということは

一番よいやり方、心地よい方法は人それぞれ。

自分のやり方を強制するつもりも

されるつもりもありません。

でも情報は沢山あったほうがいいです。

選択肢は多くても良いかな、と。

 

ってことで、

私が持っている情報の一つとして

こんな本もありました、というご紹介☆

 

お〜

週始めから頑張っちゃったな〜

最近サボリ癖がつきつつアリ。

 春のホンワカ陽気と共に

フェードアウトしかねないので

ちょっと気合い入れてみました(笑)

 

よし今週も頑張るっ

ヾ(`・ω・´)ゞ オー!!