読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボチボチ・blog

気ままに 気まぐれに ボチボチ・・・

朝の涼しさ・ホッとするひと時

5月でこの暑さってアリ?

なんて思いつつ、冷たい飲み物が

ツイツイ多くなってしまう(´・ω・`)

なので、今朝は渋めに

熱々の緑茶を一杯♪

 

 ところで、

“愛想笑い”について考えてみた。

特別に意識して考えた事がなかったけど

某ブログを拝見していたら

ちょっと新鮮だったのと

どーも何かが引っかかったので

お題を拝借☆

 

好きか嫌いか、っていったら

あまり好きではない。

 

相手が必要な行為で、どんな相手に

愛想笑いするのか、にもよるけど

物事の本質が見えてる人には

通用しない場合が多い。

そのような人は、あっと言う間に見抜いて

愛想笑いの相手に対して

それなりの対応しかしなくなる。

 

美術館で絵や彫刻を観るのが好きです。

究極のウツクシサを追求している芸術家達の多くは

愛想笑いに対して

「hate」って言うような気がする(笑)

 

個人的には

本物はウツクシクなければならない

という思いがあったりします。

 

ツクシイってなに?

っていう話になると長くなるので

またの機会がもしあったら、ということで

今回はパス。

 

一番規模の小さな嘘ごまかし

が、愛想笑いかな、なんて思うと

美しさとは対極に存在するもの、

というイメージがどーしても拭えない。

いつもやってるとクセになっちゃうよ。

 

世の中をうまく進んでいくために

必要な場合もあるけど、

それがあっては前に進んでいけない場合もあったりする。

 

モノは使いようって事で

使う状況、人次第なのかもしれないなぁ

なんて思う一方で

 

巧言令色鮮仁

 

なんて言葉が浮かんだりすると

愛想笑いの技術を磨くより、

ささややかな日々の中で、心から笑える何か、

笑顔になれる何かを見つけ出す筋肉を鍛える方が

長い目で見た時には得るモノが多いような気もする。

笑顔と作り笑いはゼンゼン別物。

 

 

な〜んて

ちょっと真面目に書いてみちゃった。

少々お疲れぎみの方が多い週半ば木曜日。

重めになってしまったので

軽く読み流して頂けるとありがたいです☆

 

イロイロな考え方に接すると

自分の中の何かが、

少しばかりクリアーになるのは楽しい。

スタンスのしっかりした考え方からは

得る物が多いです。

例え違う考え方であっても。

ありがとうございます(o^ω^o)