読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボチボチ・blog

気ままに 気まぐれに ボチボチ・・・

身長高めにビックリ

 

クロマニョン人の身長の高さに

ちょっとオドロキ(・ω・ノ)ノ!

 

 

『ラスコー展』

クロマニョン人が残した洞窟壁画

 

国立科学博物館

〜2/19(日) 

 

昨年末から「これは観る!」

と決めていたのに、結局終わり間際に。

以外と人は少なめ?といっても

結構な人ですが、有名絵画の展覧会と

比較すると、物が大きいので見やすい☆

 

で、

ラスコーあの素朴で温かみを感じる

壁画は、小学生の頃から気になっていて

本当は現地まで行ってみたい(笑)

 

この絵とクロマニョン人

個人的には結びついていなかった。

クロマニョン人達がこんなに

身長が高かったなんてビックリ☆

 

容姿も、現代でも違和感なく

その辺にいそうな感じさえしてしまう

クロマニョン人

 

女性の衣服なんて

あの時代なので勿論ホンモノのファーを

身に着け、装飾品で身を飾り

ボヘミアンチックで可愛い☆

 

男性も端正でワイルドな顔、出で立ちで

こーいう人いるよなぁ〜

なんて思ってしまいます(笑)

 

きっと余計な事を考える事もなく

日々生きる事に全力で、でも

道具に模様を施したり、装飾品で

身を飾ったり、心にゆとりがあって

豊かな感性がないと出来ないような

生活ぶりだったり。なんて

ちょっと羨ましく、期間限定で

ちょっとだけあの時代を

体験してみたいかも☆

 

ただ一つ。肉食系ではないので

毎日のように肉!はちょっと辛いな

なんて思ったりもする(笑)

 

あの土っぽい色の

グラデーションで描かれた絵たちは、

動物に対する愛情とか好奇心とか畏敬の念とか

ホンワカにじみ出ているようで、

純粋で作為的な要素を感じない

シンプルで素朴な絵は

とても魅力的で楽しかった♪